どのぐらい知っていますか?古銭の種類とその価値

様々に分類される古銭!

古銭収集は世界中にコレクターがいて、とても人気がある趣味の一つですよね。一口に古銭と言っても種類は豊富にあるので、それぞれのコレクターによって集めている物は異なります。分類として一番判りやすいのは、海外貨幣か日本の物かということですよね。また記念硬貨なのか、それとも昔実際に流通していた物かどうかもはっきりとした区分です。
日本の古銭の場合、時代で分類することもできます。主に明治以降に作られた近代貨幣とそれ以前の貨幣かで大きく分けることができます。古代に使われていた貨幣の場合、穴の開いた穴銭などを目にする機会が多いと思います。
古銭を売ったり、収集したりする際にはそれぞれの貨幣の特徴と、コレクター市場での価値を知ることが大切になってきます。

古銭の価値を決める要素とは?

古銭の価値は希少性、保存状態などによっても大きく変わってきます。例えば、コレクター向けに特別に作られたプルーフ貨幣などは、もともと発行枚数が少ない上に、専用の入れ物に入っているなど保存状態も良いです。見た目が美しかったり、色々な貨幣がセットになって揃っているなどの条件が揃えば、非常に高値で取引されるケースも知られていますよ。
買取相場は、その古銭を欲しがっているコレクターの数にも左右されます。インターネットなどでも大体の相場を調べることができますし、無料査定を行っている古銭買取業者もあるので、活用してみると良いでしょう。家に眠っている古い記念硬貨や古銭が思わぬ価値を秘めていることもあるかもしれません。